白熊咖啡厅 第九话 (下)

白熊カフェ

第九話

ペンギンさんの告白

白熊:クロワッサン(croissant)もいけるね。

白熊:羊角面包也不错。

パンダ:これに竹の葉を練りこんだら、もっと美味しくなるんじゃない?

熊猫:要是放入竹叶的话,不是更美味吗?

笹子:それはどうかな?それより、パンダあんぱんっていうのが、あるみたいだよ。

笹子:那怎么说呢?比起那个,好像有一种熊猫红豆包哦。

パンダ:本当?ねえ、ペンギンさん、次はそのパンダあんぱんを〜

熊猫:真的吗?喂,企鹅先生,下次就给我那种红豆包~

ペンギン:ああ、もう〜僕は別にパンを買うためにパン屋に行ってるわけじゃないんだよ!ペンコさんを〜その〜デートに誘いたいんだよ〜

企鹅:啊,真是的,我又不是为了买面包采取面包房的,我是为了去约企子小姐的。

パンダ:知ってるよ、そんなの。でも、結局いつもパンを買って帰ってくるだけじゃない?

熊猫:知道啦,那件事。但是,结果不都是买了面包回来吗?

ペンギン:だって〜

企鹅:所以说……

笹子:いっそ、告白しちゃったら、どうです?

笹子:直接告白怎么样?

ペンギン:そんな!

企鹅:那样怎么行!

白熊:小さな一歩を恐れる時は〜大きな一歩を踏み出すときである。フランスの古い格言だよ。

白熊:当你担心小小的一步的时候,就是你要跨出大大的一步的时候。这是法国古老的格言哦。

ペンギン:大きな一歩を踏み出すとき〜

企鹅:大大的一步跨出去的时候……

白熊:嘘だけど。

白熊:我瞎编的。

ペンギン:小さな一歩〜大きな一歩〜決めた!僕はやるよ。

企鹅:小小的一步,大大的一步,决定了,我要去做这件事!

笹子:やるって、まさか〜

笹子:做这件事?难道?

ペンギン:ペンコさんに告白する〜

企鹅:要像企子小姐表白。

白熊:告白?

白熊:表白?

ペンギン:ごめん!今の僕はダジャレにつきあってる暇はないの。早速行ってくるよ!

企鹅:不好意思,现在的我可没空陪你讲冷笑话。我得快点走了。

パンダ:いっちゃった。

熊猫:他走了呢。

白熊:ヒャッハー!

白熊:哼哼哈嘿!

笹子:それは極悪?

笹子:那是坏小子?

ペンギン:でも、どうやって言おう?

企鹅:但是,应该怎么说呢?

パンダ:ノープラン(no plan)なの?

熊猫:没有计划吗?

ペンギン:あたりまえでしょ。さっき、思い立ったんだから。どうしたらいいかな?

企鹅:当然啦。我是刚刚才想起来的嘛。怎么样才好呢?

白熊:例えば、クジャクは羽を広げて愛の告白をするよね。

白熊:比如说,孔雀是靠把羽毛张开来表白的。

ペンギン:なるほど。こんな感じ?

企鹅:原来如此,这种感觉吗?

パンダ:地味だね。

熊猫:好一般啊。

ペンギン:じゃあ、他には?

企鹅:那么,其他的方法呢?

白熊:軍艦鳥は赤い喉袋を膨らますらしいよ。

白熊:军舰鸟好像是鼓起红色的喉袋。

笹子:あんまり変わりませんね。

笹子:没怎么变化呢。

パンダ:もっとふくらまないの?

熊猫:不能再膨胀一点吗?

白熊:リクガメは甲羅アタック、囓みつきマウントだよ。

白熊:陆龟会敲击对方的甲壳,然后咬,爬到背上去。

パンダ:え?ブロレス?

熊猫:哎?职业摔跤?

笹子:嚙みつきは反則じゃないですか?

笹子:咬的话不是违反规则了吗?

パンダ:悪だね、かっこいい!あれ、でもペンギンさん甲羅ないよ。

熊猫:坏坏的,不过很帅呢!啊,但是企鹅先生没有甲壳啊。

白熊:お皿つけたら?カッパ?

白熊:用盘子的花怎么样?像河童?

パンダ:カッパって、なんていって告白するの?

熊猫:河童的话,是怎么告白的呢?

ペンギン:ちょっと、まじめに考えてよ!もう、どうしていいか?わからないよ。最悪だ、世界の終わりだ。

企鹅:等会儿,你们认真考虑了再说!怎么样才好呢?不知道呢。真是糟糕透了,像是到了世界的终点了。

笹子:やっぱり好きですってシンプルなのがいちばんですよ。

笹子:果然还是简单地说喜欢最好了。

ペンギン:ええ?あからさますぎない?それじゃあ、好きってバレちゃうよ。

企鹅:哎?不是太直白了吗?那样的话,就知道我喜欢她了。

笹子:告白するんじゃないんですか?

笹子:你不就是要表白吗?

ペンギン:そうだった。わかった、シンプルに頑張るよ。

企鹅:这样啊,我知道了,我会用简单的方法加油的。

白熊:それじゃあ、行こうか。

白熊:那样的话,走吧。

ペンギン:ついてくる気?

企鹅:你是想要一起去吗?

白熊:昔の武将はこう言った、一本の矢なら折れるが、三本の矢なら折れないと。えっと、三人寄れば文殊の知恵。

白熊:以前有个武将曾经这么说过,一根箭的话会折断,三根箭的话就不会折断。哎,三个人的智慧比得上文殊菩萨。

パンダ:モンキーの知恵?

熊猫:赤猴的智慧?

笹子:それじゃあ、猿知恵になっちゃうよ。

笹子:那样不是耍小聪明了吗?

ペンギン:一人で大丈夫だから、来ないでね!

企鹅:我一个人没事的,你们别来哦。

笹子:うまくいくといいですね。あれ?

笹子:希望能够顺利呢,哎?人呢?

ペンギン:好きです!これ、受け取ってください。よし、言える、言えるぞ!行くぞ、よし、行くぞ〜

好きです、これ受け取ってください!よし、好きです、ペンコさん!これ、受け取ってください!好きです、好きです、これ受け取ってください!

企鹅:我喜欢你,这个,请收下。好的,说出来,说出来!快走,好的,快走!

我喜欢你这个,请收下。好的,我喜欢你,企子小姐!这个请务必手下,我喜欢你,我喜欢你,这个请一定收下!

パンダ:あれ、何?何かのおまじない?

熊猫:哎?那是啥?那是什么咒语吗?

白熊:恋する者はそれが意味のない行為だとしても、幾度となく繰り返してしまう。

白熊:恋爱中的人就是会做一些没有意义的行为,而且会做好几次。

パンダ:また古い格言?

熊猫:又是古老的格言?

白熊:ううん、いずれペンギンさんが作る未来の格言。

白熊:不是哦,是将来企鹅先生发明的格言。

ペンギン:やっぱり、僕に告白なんて無理なのかなあ。もし、彼女は僕の愛を受け入れてくれたら〜

嬉しいよ、ペンコさん。嬉しいよ、ペンコさん。美味しいよ、ペンコさん。嬉しいよ、イテッ!あ、しまった!いけない、いけない夢の世界に浸ってしまった。でも、夢が現実になる可能性はある。そのためにも頑張らなくっちゃ!

企鹅:果然我还是没法表白啊。如果她能够接受我的爱的话……

我太高兴了,企子小姐。我太高兴了,企子小姐。好美味啊,企子小姐。太高兴了,好疼……啊,不好了,不行,我不能沉浸在梦中的世界里。但是梦是可能会变成现实的。为了那样一定要加油啊。

パンダ:あ、よかった、行ったよ。

熊猫:啊,太好了,他出发了。

白熊:うん、よかった。

白熊:嗯,太好了。

ペンギン:僕は言う、言うよ!ペンコさん!

企鹅:我要说,要说了。企子小姐!

パンダ:ペンギンさん、なかなか起きないね。もう帰ろうかな!

熊猫:企鹅先生,好像起不来了,还是回去吧。

ペンギン:あれ?僕〜そうだ!ペンコさんに告白!でも、今日はやっばやめとこうかな。なんか空回りしてる感じだし。いや、思い立ったが吉日。けどなあ、なんか調子悪い気もするしな。いやいや、そんなこと言ってちゃダメだ!でもなあ〜

企鹅:哎?我……对了,我是在跟企子小姐表白。但是今天还是做不到啊。总有一种空手回来的感觉。不,今天就是吉日。但是,总觉得今天状态有点差。不不,那样说是不行的。但是啊……

パンダ:ねえ、まだ?

熊猫:喂,还没有想好?

白熊:待ちくたびれたよ。

白熊:我都等的不耐烦了。

ペンギン:えっ?なんで二人ともいるの?こないでって言ったのに!

企鹅:哎?为什么你们两在这里?都说了别跟来了。

パンダ:早くしてよ、僕もうお腹すいたよ。

熊猫:早点做好吧,我独自都饿了。

ペンギン:知らないよ!

企鹅:跟我有毛线关系!

白熊:しないの?告白。

白熊:你不表白了?

ペンギン:そ〜それは〜

企鹅:那,那个嘛……

白熊:古きローマの詩人は言った、幸運と愛は勇者と共にあり。

白熊:古时候有位罗马仕人曾经说过,幸运和爱是跟勇者在一起的。

ペンギン:勇者と共に?

企鹅:和勇者在一起?

パンダ:幸運も愛もその勇者って人のところにあるってことだね。今から行こう。

熊猫:幸运和爱都是在那个叫勇者的人那里的啊,那现在赶紧走啊。

ペンギン:行くのはペンコさんのところ!

企鹅:我要去的地方是企子小姐那里。

パンダ:そうなの?

熊猫:那样吗?

ペンギン:よし、行くぞ!って、二人ともついてこないで!いうぞ、いうぞ!なんでいざっていう時邪魔するの?

企鹅:好的,走吧,你们两别跟来了。说吧,说吧,为什么又在关键的时候跑来妨碍我!

パンダ:パンダあんパンが気になっちゃって。

熊猫:因为我喜欢熊猫红豆包啊。

ペンギン:わかったよ、買ってきてあげるよ。だから帰ってよ!ほら、帰って帰って!

あの〜あの〜

企鹅:我明白啦,给你买就是了。所以说赶紧回去,回去,回去!

那个……那个……

パンダ:大丈夫かな?ぺんぎンさん。

熊猫:企鹅先生没问题吧?

ぺんぎン:おい!やった、やったよ!

企鹅:啊,我做到了,我做到了!

パンダ:おめでとう!ぺんぎンさん!

熊猫:恭喜你,企鹅先生!

笹子:へえ?じゃあうまくいったんですね。

笹子:哎?那么成功了。

ペンギン:いやあ本当まいっちゃう。

企鹅:哎呀,怎么说才好呢。

笹子:それで、ペンコさんは何で?

笹子:那样的话,企子小姐怎么说的?

ペンギン:うん?知りたい?

企鹅:嗯,想知道吗?

笹子:もう、詳しく教えてくださいよ。

笹子:真是的,赶紧详细地告诉我们啊。

ペンギン:実はね、ペンコさん僕の顔を覚えててくれたみたいでね。

’よかったら、どうぞ’って、これ〜なんとサービス券もらったの!

ちょっと多めいにって三枚も、ねっ、サービス券をサービスだよ!

企鹅:实际上,企子小姐好像记得我的脸。

‘太好了,这个给你…… ’然后给了我优惠券。

说是多给一点,就给了三张。优惠券上也给了优惠了哦。

笹子:あのう、告白は?

笹子:那个,表白呢?

ペンギン:それどころじゃないよ!なんと受け取る時にちょっと手が触れちゃったんだよ。どうしよう?もう手洗わない!洗えないよ!洗いたくないよ!

企鹅:不是说那个的时候啦。我在接券的时候碰到她的手了。怎么办?手不想洗了,不想洗了,不洗了。

白熊:一枚のサービス券はサービス券だが、三枚なら、やっぱりサービス券だ。

百姓:一张优惠券是优惠券,三张的话,果然还是优惠券啊。

笹子:それを言っちゃダメですよ。

笹子:可别这么说哦。

ペンギン:パンダ君聞いてる?

企鹅:熊猫君听到了吗?

パンダ:聞いてるよ。

熊猫:听到了哦

ペンギン:笹子さん、ほら!もう、幸せ!

企鹅:笹子小姐,看,真是的,我好幸福。

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注